2011年3月 2日 (水)

東京ベジフードフェスタ NPO法人設立パーティー

東京ベジフードフェスタの運営委員会が、NPO法人ベジカルチャーネットワーク」として設立されました。

ベジカルチャーネットワークは、文化や生活習慣の異なる人々の間の互いの思いやりを大切にしながら、ベジフード中心の食生活の良さを伝えて、普及させるネットワーク作りなど、様々な活動を行ことを目的に設立されました

そして、その設立パーティーが行われます。

日時:3月13日(日)午後17時開場、1730分開会

会費:賛助会員4,000円 非会員4,500円 

会場:チャヤマクロビ ロイヤルパーク汐留タワー店 

住所:東京都港区東新橋1-6-3 ロイヤルパーク 汐留タワー1F

JR・地下鉄新橋駅より徒歩3 都営地鉄大江戸線・ゆりかもめ汐留駅より歩1http://www.chayam.co.jp/restaurant/shiodome.shtml

申込み:こちらから

http://kokucheese.com/event/index/8405/

また、ベジカルチャーネットワークの会員申し込みはこちらから

http://veg-culture.net/?cat=17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

第13回「SOSストップ地球温暖化セミナー」in京都

ビーガンのグループ、非営利市民活動グループ「SOS地球温暖化を考える会」が、京都で第13回「SOSストップ地球温暖化セミナー」行います。

日時:2011213日(日)PM13時~1430

場所:京都市北文化会館 第一、第二会議室

交通:地下鉄烏丸線 北大路駅(出入口1番) 

参加条件:高校生以上の環境問題に関心のある方 

★2大温室効果ガスは、CO2より怖かった!!

★アザラシも涙を流しています…… 地球再生への道は?!

  SOS地球温暖化を考える会は、今まで各地でセミナーを実施、好評を得ています

問合せ先:SOS地球温暖化を考える会 黒岩敬二

TEL:090-2461-6799  Eメール:sos.stop.global.warming@gmail.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

POINT(ポアン)

1_2 この日は昨年のベジフードフェスタのスタッフを一緒にやっていた女子(?)3名で食事会に。前にランチを食べに行って、気になっていた大江戸線、若松河田駅のすぐそばの「ポアン」へディナーに。さあ、今夜は食べようっと。2_3

★きゅうりのカルパッチョ…青シソの風味がさわやか

★里芋コロッケのカキフライ風…のり、わかめ、シイタケが中に入っていて、ホントにカキフライみたい

3 ★高野豆腐のミラノ風カツレツ…高野豆腐が薄く切ってあるので、高野豆腐じゃないみたい4

★卯の花ポテトの春巻き…春巻きがパリパリ、熱々でいただくからおいしい

★季節の温野菜グリル…蒸し野菜をさらに焼き5目をつけてあるので、中はむっちり、外はぱりっと

  ★ きのこと青菜のリゾット…和風リゾットはおなかに6やさしいね

★雑穀3種のそば…ひえ、あわ、きび、だったかな、もちもち、腰があります。

★豆乳アイス 3種類…スウィーツはもちろん、べつ腹

7 8 オーナーシェフは、マクロビを勉強なさった後、リトルママンなどでシェフをなさっていたり、今はもうないですが、某ベジレスを立ち上げたりと、経験豊富なかたでした。

今夜は満足、満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

渋谷駅に豆乳スタンド

0011_2 渋谷駅の2F、井の頭線からJRへの乗り換え階段の横に豆乳スタンドMr.Beanができたのです。シンガポールの系列店だそうです。

ビーガンが食べられるのは温かいのと冷たい豆乳 クラシックと豆花(トーファー)のクラシックだけでしたが、店員さんが忙しそうだったのでそれ以上聞きませんでしたが、飲み物は他に飲める0010のがあるかも。

豆花をたのんだら、温かい豆乳プリン風で、甘いたれがかかっていましたが、そんなに甘すぎることはなかった。200円にしては量がかなりありました。おいしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

台湾台北・Loving Hut 圓滿店

Photo_4 この日の夕食は台湾の友人たちがLoving Hut 圓滿店に連れて行ってくれました。ここはMRT善導寺から3分の臭豆腐の専門店です。

Loving Hut 圓滿店 台北市中正区青島東路3-1号 02-2391-3553

臭豆腐というのは発酵液につけた豆腐で、揚げ物にしたり、煮込んだし、スープに入れたりして食べます。初対面の台湾の方に「私に臭豆腐が大好き。おいしPhoto_5いね」って言うと、ゲラゲラ笑って喜んでくれて、「あんたはほんとに日本人会かい?」って聞かれます。そういう時は「前世は中国人でした」って言います。

このお店は、ほかのメニューもありますが、煮込みスープの臭豆腐が中心です。私は麻辣臭豆腐鍋(附飯)を注文しました。なんと80NTドル(240円)です。240円で1食食べられるのですがら、嬉しい驚きです。

デザートはティラミスです。もちろん、ビーガン。豆乳アイスもありました。ティラミスは60NTドル(180円)

Photo_6 私が日本人だとわかったら、店員さんがそばに来て、日本語を教えてほしいと言ってきました。「いらっしゃいませ」「ご注文は何になさいますか?」「ありがとうございました」など、紙に書いて、発音しました。とても喜んでくれました。日本人の観光客も多いそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

台湾台北・紫藤蘆

Photo帰国の前日、体も胃もちょっと疲れ気味なので、また、早目の夕食を友人と約束したこともあり、朝はおいしいバナナとオレンジだけ、昼ぬきで、5、6年も前から行きたかった茶館に行ってみることにしました。

MRTで「科研大楼」でおりて、確かこの駅の近くのケーキ屋さんに来たことがあったなと、「卡帛珈琲素食烘焙坊」(カポック)を確認してから、紫藤蘆(ヅートンルー)まで10分ほど歩きました。この茶館の手前に、茶葉の販売をする、この店の姉妹店があるので、間違いそうになりました。    Photo_2

紫藤蘆は日本統治時代に建てられ、民主運動の拠点にもなった歴史ある建物で、文芸サロンの雰囲気を持ち、お庭のきれいな、趣のあるお店です。入口付近はいす席、奥に入ると座敷がいくつもあり、畳の部屋がすだれで仕切ってありました。

お茶はちょっとぜいたくをして、陳年凍頂烏龍茶、出来てから15年経ったお茶を注文しました。でも300NTだった。台湾お茶館は茶葉の持ち込みもできて、お湯代を払えばいいのです。

Photo_3 また、ここは食事もベジタリアン(素食)なので、食べられるのですが、夕食のためにぐっと我慢。お菓子はピーナッツを選びました。

なんと、これが中の皮が黒いのです。こんな種類があるのですね。粒は小さめだけど、味は濃かった。

陳年茶、これはおいしい!! まろやか。疲れた体が温まり、足の裏からじりじり、気が通ってくる。さすが陳年茶。一人でちびりちびりと飲むお茶は、本当にう・ま・い まったりとすごし、一時間があっという間に過ぎて行きました。一人旅もいいもんです。

紫藤蘆

台北市新生南路三段16巷1號 (02) 2363-7375

お店の名刺にはこう書いてありました。

「生命の故郷・思惟の故郷」古い家・茶の賞味・沈思する・対話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月30日 (土)

台湾台北・LovingHut 光復店

4 台湾の友人がおいしいと教えてくれた、ラビングハット光復店、鍋専門店に行きました。もちろん一人で、地図で調べていったのですが、MRTの國父記念館駅から、徒歩3分、すぐに見つかりました。

さて、注文ですが、注文票に書き込んで、先に支払いをします。Hちゃんがおいしいと言っていた、「キムチ鍋」(韓国式泡菜鍋)に丸をして、その横に、太麺 細麺 飯 冬粉 とか書いてあって、とりあえず、Photo_2無難な細麺に丸をして、あとハーブティを頼みました。

お鍋にスープが入ったのと、野菜の山盛りが運ばれてきました。テーブルがIHヒーターになっていて、自分で鍋に入れて煮るのです。たれは、10種類以上もあり、自分で好きなものを混ぜて作りますが、私はキムチのスープだけで十分でした。

Photo_3すごくおいしかった。野菜はトウモロコシ、ガバ、もどきエビも入っていました。

ハーブティを飲んでしまったので、お湯を追加してもらいました。Kuちゃんに中国語を教えてもらったので 「ホイダー」たぶん「回打」だと思いますが、通じました。店員さんがお湯を入れてくれて、「かき回して飲んでね」って言いました。

Photo_4ハーブティの底にジャムが入ってたんですね。これはまいった。台湾はちょっと甘すぎる時がありますね。次はかぼちゃ鍋が食べたいなー おいしそーでした。あとで、台湾の友人Kちゃんに聞いたら、冬粉は「はるさめ」だそうです。

「キムチ鍋」(韓国式泡菜鍋)150NTドル(約450円)安い!!

LovingHut 光復店

台北市大安區光復南路280巷30號 02-2777-2711

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

台湾台北・有機呷飯店 原來茶棧

Photo この日は宿舎のある大安駅からMRTで、2回乗り換え、古亭駅へ。もともと「耕読園」という中国茶館が、有機素食(ベジ)も始めたと聞いて、行ってみたかったのです。

古亭駅地図を見ながら、探したけれど、近くまでは来たものの、なかなか見つかりません。台湾の人は親切なので、通りがかりの人に住所を見せて聞いてみました。

「私はここに行きたい。あなたは知ってますか?」「知りません!」と2人に断られ、3人目の人は、お店まで連れて行ってくれました。「謝謝!」台湾の人たちは本当に親切です。

Photo_2 お店は茶館とレストランが一緒で、落ち着いた雰囲気。

有機呷飯店 原來茶棧(ユージシャーファンデェン ヤンライチャンツァン)

台北市師大路68巷12號 02-23698667

さて、次はお店で片言中国語で「ここは菜食か?私は牛乳と卵も食べない」と言うと。「これは大丈夫」と教えてくれたのが「韓国式石焼ビビンバ」その後は少し日本語ができる人もいて、一安心。

Photo_3 石焼ビビンバはたしか220NTドル(650円位)??

せっかく茶館に来たのだから、お茶も工夫茶でいただく。普通は1人では工夫茶を飲む人はいないと思うけど、

凍頂烏龍茶200NTだったかな??茶葉を持ち込みで、お湯代だけでも飲めます。

Photo_4 石焼きビビンバはすごくおいしかった。有機だからだと思うけれど、野菜がそれぞれの味がして、味付けも濃すぎず、脂っこくもなく、おいしかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月27日 (水)

チャイナエアライン ベジの機内食

Photo_6


1月初旬、1年半ぶりに台湾に行きました。白ちゃんと一緒の予定が、出発日に彼女のお母さんがインフルエンザで倒れて、急きょ1人で行くことに。慣れた台湾とはいえ、ちょっと冒険心も掻き立てられ、不安とわくわく感とで出発。

チャイナエアラインの格安チケットを利用。ビーガン機内食はまあまあ、ケーキは美味しかった。アメリカへの機内食に比べれば、上等。以前、エバーに乗った時は感動もので、すごくおいしかった。

台北につくと、リムジンバス大有で、福華大飯店まで行く。途中の暗闇に浮かぶ街の明かりは、なぜか懐かしく、子供のころの記憶につながる。台北市内に入り、円山飯店の中国風建物が見えると、「おかえり」と声をかけられているようで、うれしくなる。そして福華大飯店から、荷物をごろごろ引きずって、泊めて頂くビルまで歩く。

さあ、明日から行きたいベジレスと中国茶館にいくつ行けるだろうか。
そして、帰りの機内食はこれでした。

Photo_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

畜産は温暖化の原因の51%

日経エコロジー 2010年1月号に、地球環境雑誌「ワールドウオッチ」の記事の日本語がでました。
2006年に国連食糧機構は、畜産は温暖化ガスの発生源で、CO2の排出量の18%を占めると発表しました。今回の試算では、なん世界の年間排出量のと51%に達すると発表されました。その内容は
・家畜の呼吸 ・放牧地を作るための森林伐採 ・家畜のメタンガス排出
また、最後に畜産類似食品、大豆たんぱくや、豆乳アイスクリームの市場がこれから大きく拡大するであろうと書かれています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«2010年お正月おせち料理